キャッシング申込みでの本人確認の方法とは

キャッシングは最近益々便利になってきました。申込みはパソコンやスマホで24時間いつでも気軽にできます。審査も短時間でスピーディーに行われるので、快適に申込みの手続きを行えます。 

キャッシングの契約の際には本人確認が必要となります。提出書類として必ず本人確認書類が1枚必要です。運転免許証、健康保険証、パスポートなどが有効となります。また希望限度額が50万円を超えるときや他社借入との総合系が100万円を超えるときには、別途収入証明書の提出も必要です。

契約手続きでは最後に本人の在籍確認を行います。この確認は審査にも通過して他の手続きも済んだ後に行われるのが一般的です。在籍確認の方法としては、記入報告した申込者の会社に本当に本人が勤務しているのかを電話で在籍確認します。

勤務先に直接、担当スタッフの個人名で電話をします。このとき会社の名前は出さないのでキャッシングが会社の人に知られることはまずありません。でも申込者の中にはこの在籍確認の電話に抵抗感のある人もいます。

最近はそのような人のために、電話での在籍確認をせずに契約できるWeb完結申込みも好評です。この場合は自分が実際に会社に在籍していることを証明できる書類を提出することで在籍を確認するのです。この方法なら会社の上司や同僚にキャッシングがバレることもないので、安心して申込みができるのです。