キャッシングの本人確認に必要な書類について

消費者金融のキャッシングでは、保証人や担保は不要で、手続きには印鑑も要りません。絶対に必要となる書類は、本人確認書類です。有効な書類として認められているものは、運転免許証、健康保険証、パスポートです。中でも、運転免許証は顔写真がついているため、証明書としての信頼度が高く、この1点があれば問題ありません。

健康保険証の場合は、国民健康保険証よりも、勤め先の会社から発行されている社会保険証の方が信頼度が高くなっています。国民健康保険証、パスポートを本人確認書類として使う場合は、住民票などもう1点の証明書が必要となることが多くなっています。

また、50万円以上の借り入れを希望する場合は、本人確認書類の他に、源泉徴収票や確定申告書の控えなど、収入を証明できるものが必要になります。