示談契約は無職の人でも提案されるのか?

返済の苦しい人に対して、金利負担などを減らす示談契約が提案されることがありますが、示談契約は基本的に食がないと厳しいです。

無職の方にはまず提案されません。返済を前提としているので、収入がないと厳しいです。

ですが、現在が無職の方であっても、まったくといっていいほど示談契約を勝ち取れないというわけではありません。

アルバイトや正社員に就職することによって、何とか示談契約を勝ち取るという方法もあります。

勿論、実際に職についているか、就業できる可能性がしっかりとしているのであればですが、交渉次第では契約をしてもらえる可能性はあるというわけです。

仕事がなくて借金に困っていても、諦めないで可能性を探ってみてください。